サーバーを利用したいと思った初心者が、最初に利用するのが、
低コストで、専用のツール利用で簡単な共用サーバーだと思いますが、
他のアカウントの影響を受けやすく、個別に設定できないなど、
自由度がどうしても低くなってしまうので、小規模なサーバーや個人向けといえますね。
ウェブホスティングやバーチャルサーバー、シェアードサーバーと呼ばれることも
あるので、どれかは耳にしたことがあるかも知れません。
次に専用サーバーですが、これは専用のサーバーマシンを利用するので
メールアドレスの追加や転送メールの設定などが、ほぼ無制限に出来るのが特徴です。
ですがその反面、共有サーバーに比べるとコストが高いうえ、
セキュリティ管理などのサーバーの管理から運用に至るまで、
すべて自分で行わなければなりません。
それゆえ管理者は、高度な技術力を持っていなければならず、上級者向けで、
高機能サイトに向いています。
わかりやすいたとえで言えば、共有サーバーはマンション、
専用サーバーは一戸建てのような感覚かも知れませんね。